現在の位置:ホーム > 熊谷文学館

熊谷文学館

熊谷は、江戸時代中山道の宿場町として栄え、江戸後期から大正期にかけて多くの文人墨客が居を構え、中央の文化人たちとの交流が活発に行われていました。竹井澹如、林有章等の有力な役人や富裕な商人が輩出し、地方自治や同業組合の業務に携わる傍ら、教養の一環として俳諧・漢学・書道等を修め、同好の士を募り、俳壇等を形成しました。
昭和から平成にかけても多くの文人・芸術家が住み創作活動を行っており、熊谷の文化面での発展につながっています。
ここでは、熊谷にゆかりのある文学・文芸について紹介します。

俳句・短歌

俳 句:五・七・五の十七音から成る定型詩。
短 歌:五・七・五・七・七の五句体の歌体。
東一雄 安藤野雁 内田五八九 鶯林子 鹿児島寿蔵
金子兜太 黒沢翁満 小久保白雨 斎藤紫石 柴田侑堂
四分一葉々 竹井澹如 建部巣兆 建部綾足 田島一宿
棚澤慶治 土屋文明 中村喜久 羽鳥又左衛門 林 有章
日出山紫情 日野大納言資時 平山芦江 藤原光俊 松本 旭
三沢刀泉 宮沢賢治 山口青邨 与謝蕪村 若山牧水

狂歌

社会風刺や皮肉、滑稽を盛り込み、五・七・五・七・七の音で構成した諧謔形式の短歌。
啓山 三陀羅法師 十返舎一九 蜀山人 平山蘆江
奈良葉々廣 作者不詳1 作者不詳2

漢詩

中国の伝統的な詩。韻文における文体の一つ。8世紀から日本でも詠まれた。
奥原晴湖 尾澤三省 高木晩翠 竹井星溪 竹井怡亭
林 有章 三沢刀泉 柳澤楽山

都々逸

江戸末期に初代の都々逸坊扇歌(1804-1852)によって大成された、口語による定型詩。
七・七・七・五の音数律に従う。
森樵堂

小説

十返舎一九 続膝栗毛
田山花袋 田舎教師
細川友一 雁坂峠
杉森 久英 黄色のバット
長谷川 伸 沓掛時次郎
渡辺 淳一 花埋み
壺井 栄 母のない子と子のない母と
森村誠一 精神分析殺人事件 鍵のかかる棺
凶水系 女神の屍 殺人の祭壇 殺人の債権
殺人のスポットライト 夢とロマンの共和国
星の旗 魔性の季節 ガラスの恋人 煌く誉生
人間の天敵 魂の切影
棟居刑事の一千万人の完全犯罪
殺意の漂流 運命の花びら

文芸作家

青山七恵 金子兜太 森村誠一

漫画

ブルーサーマル

アニメ

熊谷写真俳句コンテスト

写真俳句は、熊谷市出身の作家、森村誠一氏が考案した自作の写真に自作の俳句(五七五)を合わせた新たな表現方法です。