現在の位置:ホーム > 熊谷の偉人の部屋 > 竹井澹如

竹井澹如(たけいたんじょ)

初代の埼玉県議会議長 1839から1912年

旧星溪園棟札
「此囲は明治二十六年夏宮内省御用掛赤塚輯に相談の上大工白根藤吉をして営繕せしむ 竹井澹如」

※画像をクリックすると拡大表示します。

 群馬県に生まれ、熊谷宿の本陣竹井家を継ぎ、竹井家の14代当主となりました。慶応年間に鎌倉町に別邸である、池亭を設けました。そこには昭憲皇太后や大隈重信、徳富蘇峰などの名士が来遊し後年、「星溪園」と名付けられました。また政治に深く関心があり、地方実力者の養成に努め、中央政界の大隈重信、板垣退助、陸奥宗光らとも親交があり、陸奥宗光に働きかけて熊谷県誕生に尽力したことでも有名です。教育面でも渋沢栄一らと協力し、育英事業にも貢献しました。初代の県議会議長となり、産業・土木面でも大きな功績を残しました。

 この他、書にも関心を持ち、書家小泉香巒を熊谷に招いて唐様書道の普及を図り、書家の金井之恭(1833-1907)、巌谷一六(1834-1905)とも交友がありました。

竹井澹如翁碑(万平町1-1)
熊谷市指定記念物 史跡
昭和34年11月3日 指定
竹井澹如墓(大原墓地内)
熊谷市指定記念物 史跡
昭和56年11月3日 指定

年表

和暦 西暦 出来事 出典
天保10年 1839 上野国甘楽郡羽沢村(現、群馬県甘楽郡南牧村)に、市川五郎兵衛の六男として生まれる。
嘉永5年 1852 14歳の時、江戸に出て、藤原弘庵に学ぶ。
万延元年 1860 妻沼村の両宜塾にて、寺門静軒に学ぶ。
慶応元年 1865 熊谷宿本陣の竹井家に世継ぎがなかったため、養子として入り、14代当主となる。この頃、熊谷市竹町(現、熊谷市鎌倉町)に別邸を造り、珍木奇竹を植え名石を配し、池亭(現在の星渓園)と称した。
明治2年 1869 前年に荒川が出水して北岸の堤防が決壊したことを受け、私財を投じて突堤(万平出し)を築く。
明治3年 1870 熊谷宿における役人の名称が変わり、元締役・駅長に就任する。
明治6年 1873 県庁の誘致運動で中心的役割を果たし、熊谷県が誕生する。
明治9年 1876 私立中学折逓学舎・暢発学校を設立。
明治12年 1879 初の県会議員に当選し、初代議長に選出される。
明治16年 1883 桜樹の栽植を目的とした「保勝会」を設立して会長となる。
明治19年 1886 内山朴全、押田文岱らと俳句の研究結社を設立。
明治21年 1888 俳人団体「水音盟社」を結成し、句会を主に池亭で催した。
大正元年 1912 8月7日、74歳で永眠。

文献

書名 著者名 出版社 出版年
『熊谷大観』「竹井澹如」 下田江東 埼玉民報社 1917.
『熊谷史話(幽嶂閑話)』「竹井幽谷翁」 林有章 国書刊行会 1935.
『熊谷郷土会誌 第1号』竹井澹如翁伝 酒井天外 熊谷郷土会 1936.07.
竹井澹如翁小伝 斎藤 茂八/著 竹井澹如翁碑再建の会 1960.
「竹井澹如」『埼玉県人物誌』中巻 石坂養平 埼玉県立文化会館編 1964.
『熊谷人物事典』「竹井澹如」 日下部朝一郎 1982.
『市民教養セミナー平成4年度』竹井澹如翁 渡辺 淘一郎/著 熊谷市郷土文化会 1992.
『熊谷市郷土文化会誌 第56号』
「竹井澹如と林有章の書」
新井 晴次/著 熊谷市郷土文化会 2001.
絵本竹井澹如翁一代記 福島茂徳/著 福島茂徳 2003.08.
『建産連ニュース第98号』竹井澹如P27〜31 間仁田 勝/著
埼玉県建設産業団体連合会広報委員会/編
埼玉県建設産業団体連合会 2003.10.
『熊谷市郷土文化会誌 第67号』
「私見・旧熊谷市における三人の偉人」
鯨井 邦彦/著 熊谷市郷土文化会 2011.
『熊谷市史研究 第5号』
研究ノート 竹井澹如の死と葬儀
−没後100年に際して−P73
栗原 健一 熊谷市教育委員会 2013.03.
『熊谷市史研究 第6号』
研究ノート 竹井家の葬列写真P129
栗原 健一 熊谷市教育委員会 2014.03.

関連情報

  • 竹井澹如関連の「星溪園と澹如」のパンフレットはこちら(PDF:409KB)からダウンロードできます。