現在の位置:ホーム > 熊谷の偉人の部屋 > 権田愛三

権田愛三(ごんだあいぞう)

麦作の農業改良に尽くした「麦王(麦翁)(ばくおう)」 1850から1928年

 嘉永三年(1850)7月20日武蔵の国別府村に、父和三郎、母いちの長男として生まれました。明治四年(1872)に開誘社を創立して、肥料と藍の栽培に着手したのを始めとして農業の改良につとめました。明治から大正時代にかけて麦の増産の研究に取り組み、麦踏み、二毛作などを全国に広め、『実験麦作改良書』を著して「麦王(麦翁)(ばくおう)」とたたえられました。以来実地指導を受けるため、遠くは鹿児島や熊本などから多くの視察者が来訪し、各地の指導開発に貢献しました。
 明治二七年(1894)から晩年に至るまで別府村農会長の職を務め、大正三年(1914)にはそれまでの功績が認められ、緑綬褒章が授与されました。
 昭和三年(1928)8月19日、病により逝去。享年七九歳。「真月院麦翁全聲居士」という戒名で、東別府地内の香林寺に葬られています。
 昭和四九年には、墓所が「権田愛三墓」として、熊谷市指定記念物に指定されています。

権田麦翁碑(別府農村広場内)
権田愛三墓(東別府香林寺)
熊谷市指定記念物 史跡
昭和49年11月3日 指定

年表

和暦 西暦 出来事 出典
嘉永3年 1850年 大里郡別府村大字東別府に生まれる。
明治4年 1871年 肥料と藍を商う開誘社を組織して社長となる。
明治9年 1876年 地主総代となる。
明治10年 1877年 東別府村戸長となる。
明治12年 1879年 4カ村学務委員となり、教育の進展や衛生の改善につくす。
明治17年 1884年 6カ村連合戸長となる。
明治20年 1887年 協和学校建設委員主任となる。麦ふみの効果を知る。
明治21年 1888年 奈良堰用水組合総代となる。
明治22年 1889年 青年農事奨励会設立。共同試作地を作り多収穫を試作。二毛作研究。藍栽培法を研究、藍玉製造法を考案。土人れ考案。
明治27年 1894年 奨武会を作り会頭になる。堆肥の大切さを知り土作りをする。反当たり13俵の大麦収穫。
明治28年 1895年 全国農事大会に出席。農業改良の必要を痛感。この頃広幅うすまき考案。
明治29年 1896年 比企郡17ヵ村、児玉郡3ヵ村、秩父郡20ヵ村で麦作り増収の話をする。
明治32年 1899年 全国実業会委員。荷馬車の四輪車改造。埼玉県農会評議委員。埼玉県農業学校と農事試験所を作るため努力。
明治33年 1900年 私立大里郡農事講習所を作る。
明治34年 1901年 全国肥料取次所を作り相談役となる。大里郡農友会を組織して副会頭になり埼玉県農友会代表者になる。
明治36年 1903年 大里郡農会で麦作共進会を作る。
明治37年 1904年 大日本農民会世話役。大里郡農会代表となる。
明治38年 1905年 北足立郡各村、入間郡17ヵ村、北埼玉郡8ヵ村で麦作りを実地指導。
明治41年 1908年 農商務省に「麦作栽培改良法」を上申。
明治43年 1910年 大里郡農会長の命令で福岡県と長崎県に出張、佐賀県農会事業を視察。
大正2年 1913年 「麦作栽培改良法」が全国に知られ、各地へ出張して講演する。各地から視察に来る者は、1年に300人以上。芳名録には5164人が記されていた。
大正3年 1914年 緑綬褒章を受章。
大正4年 1915年 大礼記念章を受章。
大正12年 1923年 実験麦作栽培改良法を自費出版。4版2500冊を無料で配る。
大正15年 1926年 新宿御苑の観桜御宴に産業功労者として招かれる。
昭和3年 1928年 8月19日、78歳で亡くなり、香林寺に眠る。

文献

書名 著者名 出版社 出版年
実験麦作栽培改良法 権田愛三/著 埼玉県農報社 明42.10.
実験麦菽栽培改良法--増訂(3版) 権田愛三/著 埼玉農報社 大正2.
実験麦作栽培改良法 権田 愛三/著 〔権田愛三〕 1923.
明治百年記念農業漁業顕彰業績録 〔日本農業漁業振興会/編〕 日本農業漁業振興会 1968.11.
『熊谷人物事典』「権田愛三」 日下部朝一郎 1982.
『市民教養セミナー平成5年度』
麦作改良 権田愛三(麦翁)
井上 善治郎/著 熊谷市郷土文化会 1993.
麦王権田愛三の思い今も 〔埼玉新聞社/著〕 〔熊谷市立図書館〕 〔2007.05〕
麦さん : いい麦作った権田愛三 青木雅子/著 ; 石原眞澄/絵 けやき書房 2002.02