現在の位置:ホーム > 熊谷の偉人の部屋 > 野口雪江

野口雪江(のぐちせっこう)

「寛政の三名筆」の一人 1732から1799年

野口雪江書両聯(りょうれん)
「仏身円満無背相」 「十方来人皆対面」 右:浅草・浅草寺

 享保17年12月7日熊谷(母方の下奈良の栗原家)に生まれ、名は秀航。父は大善院七世秀猷、母は奈良村の栗原氏。若くして金峰山に入り修験道を修行し、護法を修め、鎌倉町の熊谷総鎮守愛宕神社の祠官をつとめました。
 若いころより学問にはげみ、17歳で肥塚の東有隣から経史を学び、18歳の頃江戸に出て、当時名声のあった書家の関思恭に入門し、書道を研鑽しました。
 性質謙譲、博識で書道に秀で、寛政九年、弟子の勧めにより東京浅草の浅草寺に「仏身円満無背相」「十方来人皆対面」なる般若讃の中の語句を書いた両聯を奉納し、世の書家から「寛政の三名筆」としてたたえられました。現在も浅草寺外陣に掲げられています。
 また、俳諧・書道に後進の育成に当たり、宿役人であった竹井新右衛門、石川清左衛門、石川藤四郎らも雪江の教えを受けました。
 そして、江戸後期の熊谷宿の有識者として、俳諧の師建部涼袋や儒医の三浦無窮をはじめ、多くの文人墨客たちと交わり、幅広い文化活動を推進しました。
 当時歌われていた劇歌に「横町にすぎたるものが三つある、雪江、石橋、桝屋藤七」がある。
 寛政11年7月9日に、68歳で逝去しています。

熊谷市指定有形民俗文化財 典籍「野口雪江墨跡」はこちら

年表

和暦 西暦 出来事
享保17年 1732年 12月7日 大善院七世秀融の子として熊谷(下奈良)で生まれる。
寛政2年頃 1749年 熊谷(肥塚)の東有隣から経史を学ぶ。
寛延3年頃 1750年 江戸の書家関思恭に入門し、書道の研鑽を積む。
寛政9年 1797年 9月18日 浅草寺に「佛身圓満無背相」「十方來人皆對面」の両聯を奉納。寛政の三名筆と称される。
寛政11年 1799年 7月9日 68歳で死去。

文献

書名 著者名 出版社 出版年
『熊谷郷土会誌』 第2号「碑石文」 熊谷郷土会、熊谷郷土会 編 熊谷郷土会 1937
『熊谷人物事典』「野口雪江」 日下部朝一郎 1982.
『熊谷市郷土文化会誌』50周年記念誌
「名士・功労者の墓」
角田 茂一 熊谷市郷土文化会 1986.
『野口雪江』展 : その墨蹟と人柄 熊谷市立図書館 1990
『市民教養セミナー平成6年度』
熊谷の良寛 書家 野口雪江
新井 晴次/著 熊谷市郷土文化会 1994.
〔野口雪江の書〕 熊谷市立図書館 〔2000.04〕
『新市誕生・指定文化財』
「熊谷の書と発見=雪江・幡随意・野雁・晴湖の人と書=」
新井 晴次 熊谷市立熊谷図書館 2009.03.30