現在の位置:ホーム > 熊谷の偉人の部屋 > 荻野吟子

荻野吟子(おぎのぎんこ)

日本最初の女性医師 1851から1913年

肖像画

国立国会図書館
ホームページより転載

 寺門静軒の影響を受け、高弟で漢方医の心得のある松本万年によって才能を磨かれました。23歳のとき奥原晴湖と共に上京、明治初期、女性は医師への道が閉ざされていましたが、数々の困難を克服して明治18年医術開業試験に合格。日本公許登録女医第1号となり、35歳にして東京・本郷湯島で開業しました。その後は北海道瀬棚町にわたり、晩年は帰京して東京本所で婦人・小児科医を開業しました。その生涯は渡辺淳一の小説「花埋み(はなうずみ)」などで広く世に紹介されています。昭和46年には「荻野吟子生誕之地」(俵瀬580)指定記念物史跡に指定され、平成18年5月には、生誕の地に荻野吟子記念館がオープンしています。

めぬま郷土かるた

※画像をクリックすると「めぬま郷土かるた」の詳細ページに移動します。

年表

和暦 西暦 出来事 出典
嘉永4年 1851年 3月3日、武蔵国幡羅郡俵瀬(たわらせ)村(現埼玉県熊谷市俵瀬)に生まれる。
万延元年 1860年 寺子屋「行餘書院(ぎょうよしょいん)」で基礎学問を勉強。
慶応4年 1868年 埼玉県上川上村(現熊谷市)の名主・稲村貫一郎(いなむらかんいちろう)と結婚(18歳)。その後、寺門静軒の「両宜塾(りょうぎじゅく)」を継承した松本萬年(まつもとばんねん)に師事。
明治3年 1870年 病気で協議離婚、大学東校附属病院に入院。女医になる決意をする。
明治6年 1873年 国学者・井上頼圀(いのうえよりくに)の門に入る。
明治7年 1874年 内藤満寿子(ないとうますこ)の甲府内藤塾に助教として招かれ、甲府に赴く。
明治8年 1875年 東京女子師範学校に入学し、12年7月同校を卒業。
明治12年 1879年 私立医学校の好寿院(こうじゅいん)に入学し、15年優秀な成績で卒業(31歳)。
明治15年 1882年 東京府に医術開業試験の願書を提出したが却下される。翌年、東京都、埼玉県に提出したが却下。内務省に請願書を提出するが却下される。。
明治17年 1884年 医術開業受験が許可され、9月前期試験に合格。翌年3月後期試験にも合格し、女医第1号となる。5月本郷湯島に医院開業し、後に下谷に移る(35歳)。
明治19年 1886年 本郷協会にて洗礼を受け、東京婦人矯風会(きょうふうかい)に参加、後に風俗部長となる。
明治20年 1887年 大日本婦人衛生会に参画し、翌々年、明治女学校教師・校医となる。25年同校舎監となる。
明治23年 1890年 議会の婦人傍聴禁止撤回運動に参画。11月熊本県の志方之善(しかたゆきよし)と結婚する(40歳)。
明治29年 1896年 北海道インマヌエル(現今金(いまがね)町)に入所し、夫のキリスト教による理想郷建設に協力。夏には国縫(くんぬい)に転出。翌年、トミを養女とした。
明治30年 1897年 瀬棚町に移り、医院を開業し、医療に従事。淑徳婦人会(しゅくとくふじんかい)を結成し、会長となる。
明治38年 1905年 夫、志方之善病死。
明治41年 1908年 北海道を引き揚げ、東京都向島新小梅町に医院を開業する。
大正2年 1913年 6月23日永眠。東京の雑司ヶ谷霊園に埋葬される。

文献

書名 著者名 出版社 出版年
荻野吟子 荻野吟子女史顕彰碑建設期成会/編 荻野吟子女史顕彰碑建設期成会 1967.
花埋み 渡辺淳一/[著] 河出書房新社 1970.
荻野吟子 荻野吟子女史顕彰碑建設期成会/編 瀬棚町 1971.
『熊谷市郷土文化会誌第30号』
荻野吟子女史と稲村貫一郎翁
稲村平雄/著 熊谷郷土文化会 1975.10.
埼玉の女たち 歴史の中の24人 韮塚一三郎/著 さきたま出版社 1979.12.
女の一生7
人物近代女性史 明治女性の知的情熱
瀬戸内晴美/〔ほか〕編 講談社 1981.03.
荻野吟子
日本の女医第1号
奈良原春作/著 国書刊行会 1984.02.
埼玉の女たち 歴史の中の25人 韮塚一三郎/著 さきたま出版社 1985.
荻野吟子抄
日本の女医第一号 栄光と波乱の生涯
奈良原春作/著 妻沼町 1985.02.
女医荻野ぎん子女史を訪ふ
女学雑誌231
生野ふみ 女学雑誌社 1888.
会報 荻野吟子女史の訃
日本女医会雑誌2
日本女医会 1914.
本邦女医の嚆矢
「荻野吟子女史の逸事」
日本女医会雑誌30
多川 澄 日本女医会 1927.
荻野吟子女史の事
日本女医会雑誌76
星野天知 日本女医会 1936.
わたしのクワはこの聴診器
―女医荻野吟子の物語―
時計台ものがたり
大西 泰久 新風舎 1967.
紅燃えて果てしなく 三幕七場
荻野吟子抄
佐佐木武観/作 〔佐佐木武観〕 [1990]
荻野吟子抄
新作戯曲 日本公許・女医一号
佐佐木武観/著 妻沼町 1990.01.
日本女医史 追補 日本女医会/編 日本女医会 1991.04.
日本の「創造力」 牧野昇・竹内均監修 日本放送協会 1992.
もののふ 第21号:荻野吟子 埼玉県立熊谷女子高等学校日本史部 1993.09.
松本萬年の女弟子たち
松本萩江・荻野吟子・生沢クノ
長島二三子/編 長島二三子 1993.11.
先駆者たちの肖像 鈴木裕子監修
財団法人東京女性財団編著
ドメス出版 1994.
日本の女医嚆矢荻野吟子女史生誕の地妻 大山 雄三/著 1994.
『市民教養セミナー平成6年度』
荻野吟子と熊谷
渡辺 洵一郎/著 熊谷市郷土文化会 1994.
荻野吟子とその周辺 金谷 俊夫 金谷 俊夫 1995.
明治快女 森まゆみ著 労働俊報社 1996.
河畔の人 松島光秋/著 埼葛文学会 1996.01.
戯曲春秋 第6号 戯曲春秋社/編 戯曲春秋社 1997.01.
マンガ荻野吟子抄
日本公許女医第1号
佐佐木武観/原作 妻沼町商工会むらおこし事業
「荻野吟子マンガ作成実行委員会」
1998.06.
さいたま女性の歩み 上巻
目ざめる女たち
埼玉県/編 埼玉県 1998.08.
熊谷ゆかりの女性先覚者たち
市内の文化財をめぐる15
熊谷市立図書館美術・郷土係/編 熊谷市立図書館 2000.02.
荻野吟子物語:紙芝居 窪塚綾子、中田陽子/絵・文 窪塚綾子 2002.
「わたし」を生きる女たち 楠瀬佳子著、三木草子編 世界思想社 2004.
日本最初の女医にしてキリスト者
―荻野吟子 栄光と苦悩の生涯
別冊太陽 日本のこころ127
平凡社 2004.
荻野吟子の札幌での医院開業について
新札幌市史機関誌「札幌の歴史」48
海保洋子 札幌市 2005.
『BE−LOVE4/2増刊号』
この愛に生きて女医・荻野吟子物語261吹−332p
ごとう和 講談社 2005.
『OneMoreKiss3月号』
GINKO日本で最初の女医・荻野吟子物語105p〜184p
かたおかみさお 講談社 2005.
『埼玉史談第51巻第4号』
書簡にみる吟子女史(前篇)Pl〜Pll
佐藤 繁/著 埼玉県郷土文化会 2005.01.
『埼玉史談第52巻第1号』
書簡にみる吟子女史(後編)Pl〜PlO
佐藤 繁/著 埼玉県郷土文化会 2005.04.
北の命を抱きしめて 北海道女性医師史編纂刊行委員会 ドメス出版 2006.
埼玉の三偉人に学ぶ 堺正一/著 埼玉新聞社 2006.09.
郷土の勇士と偉人たち 続行田歴史散歩 大井荘次/著 大井立夫設計工房 2006.12.
医師という生き方 茨木保著 ペリカン社 2010.
『温故叢誌第64号』
荻野吟子の生涯P25〜P32
鈴木 忍 温故学会 2010.11.
荻野吟子 江南文化財センター 熊谷市教育委員会 2013.05.
近代日本の女性医師第1号・・・荻野吟子の生涯と業績
−北海道開拓期の瀬棚町で医院を開業、
日曜学校も創設して伝道活動−
HOMASニューズレターNo,71
中垣 正史 北海道・マサチューセッツ協会 2014.
日本最初の女医「荻野吟子」
没後100年記念事業
―北海道久遠郡せたな町・
瀬棚郡今金町調査・視察―
熊谷市史編さん室 熊谷市教育員会 2015.
荻野吟子に対する同時代人の評価と没後の顕彰
熊谷市郷土文化会誌 第71号
蛭間健吾/[著] 熊谷市郷土文化会 2015.
NHK歴史秘話ヒストリア
歴史にかくされた知られざる物語 第3章
5 明治時代〜昭和編
NHK「歴史秘話ヒストリア」制作班/編 株式会社 金の星社 2016.03.
伝記を読もう 7
荻野吟子
日本で初めての女性医師
加藤純子 株式会社 あかね書房 2016.03.

金子兜太 句碑

荻野吟子記念館(熊谷市俵瀬581-1)の脇に建てられている金子兜太氏の句碑。

荻野吟子(おぎのぎんこ)の 生命(いのち)とありぬ (ふゆ)利根(とね)

 数々の困難を克服して日本公許女医第1号となった荻野吟子女史生誕の地俵瀬に流れる利根川には、冬になると寒冷な「赤城おろし」が吹き下ろす。こうした環境の中、利根川の広大な流れとともに吟子女史の生命が育まれ、人生の苦難を乗り越える原動力となったことを偲んで詠まれたもの。
平成28年3月造立。



荻野吟子銅像(荻野吟子生誕之地内) 荻野吟子像(道の駅めぬま内)

関連情報

動画公開

YouTubeから大きい画面でご覧いただけます。