現在の位置:ホーム > 収蔵庫 > 熊谷駅 駅弁掛紙

熊谷駅 駅弁掛紙

昭和5年頃熊谷駅前地図
熊谷駅は、明治16年(1883) 7月28日、上野駅−熊谷駅間の日本鉄道第1期線(現在の高崎線)の駅として開業しました。熊谷駅は高崎線内で浦和駅・上尾駅・鴻巣駅と並んで最も古い駅の一つであり、当初熊谷駅は同線の始発・終着駅でした。同年10月21日には、日本鉄道第1期線が本庄まで延伸し、その後前橋まで延伸されました。
この熊谷駅開業当時、駅前に客待ちの茶店を出し、駅売り弁当や五家宝の駅売りを初めて行ったのが、清水藤左衛門(1880-1952)の清水屋と、秋山国次郎の秋山亭でした。
ちなみに、日本での駅弁の始まりは諸説あり定まっていませんが、1の宇都宮駅説が一般的な駅弁の始まりとされているようです。
  • 1.明治18(1885)年7月16日:宇都宮駅説:白木屋旅館がホームで販売。
  • 2.明治10(1877)年頃:大阪駅説:乗客が車外で購入。
  • 3.明治10(1877)年7月:神戸駅説:立売弁当販売。
  • 4.明治18(1885)年7月16日:小山駅説:「翁ずし」販売。
  • 5.明治16(1883)年7月28日:上野駅説:「上野停車場構内弁当料理ふぢのや」という記録文書有。
  • 6.明治16(1883)年7月28日:熊谷駅説:熊谷駅開通の日に「すしとパンを売って・・・」という記述有。
  • 7.明治17(1884)年5月1日:高崎駅説:昭和31年の中央会発行「駅弁当のしおり」に記述有。

清水屋

秋山亭

その他