現在の位置:ホーム > 文化財関連施設熊谷市立江南文化財センター > 埋蔵文化財の取扱いについて

埋蔵文化財の取扱いについて

注意

(1)埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内の場合は発掘届(様式1)をお使い下さい。
(2)埋蔵文化財包蔵地(遺跡)であるか照会する場合は照会文書(様式2)をお使い下さい。
埋蔵文化財の取扱いの流れで再度確認され該当する様式を使用して下さい。
手続きについて不明の場合は当センターへお問い合わせ下さい。
熊谷市立江南文化財センター 048-536-5062

手続きについて

様式ダウンロード

発掘届(様式1)

*表面と別記でワンセットです

照会文書(様式2)

発見届(様式3)

*表面と別記でワンセットです

土地所有者承諾書(様式4)

西別府地内(幡羅官衙遺跡群地内)での開発行為における取り扱いについて

 平成30年2月13日付けで本市、深谷市に所在する「幡羅官衙遺跡群(西別府祭祀遺跡、幡羅官衙遺跡)」が国の史跡の指定されました。

 これに基づき、指定範囲及び今後保護を要する範囲が定められ、その範囲内における取り扱いについては次のとおり御理解、御協力をいただくこととなります。

 以下の地図内の赤枠が指定範囲、黄枠が今後保護を要する範囲となります。

 また、黒枠は各々の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲です。

国指定範囲 住宅等の新築、増改築をはじめとする土地の現状変更の禁止等、様々な権利の制限があります。
今後保護を要する範囲 通常の埋蔵文化財包蔵地としての取り扱いのほか史跡に関連する遺構が埋蔵されている可能性が高いことから保護・保存の措置を講ずる必要があります。

したがって、当該範囲での開発行為を計画される場合、事前に熊谷市立江南文化財センターまで御連絡、御相談くださいますようお願いいたします。

平成30年12月11日
熊谷市立江南文化財センター