現在の位置:ホーム > 熊谷の偉人の部屋 > 熊谷Person dictionary> 水野丑松

水野丑松(みずのうしまつ)(1852-1914)

荒川神社(見晴町) 明治36年造立築堤記念碑裏面(見晴町)
商家。群馬県玉村生まれ。明治初年熊谷町石原の菓子業水戸屋に婿入りして三代当主となり、五家宝の祖高橋忠五郎風間浅五郎と共に修行する。
水戸屋は、水戸藩出身の藩士水野源助が文政年間熊谷に来て成田用水の水番役人を務める傍ら、中山道に茶店を開き、水戸の殿中を改良した五嘉棒なる棒菓子を製造し、参勤交代の大名や旅人に親しまれたと伝えられている。
明治16年日本鉄道が熊谷まで鉄道を開通すると、熊谷駅前に茶店を出していた清水藤左衛門、秋山国次郎に、水戸屋五家宝の駅売りを依頼した。明治43年には五家宝製造の特許権を取得し、熊谷銘菓の隆盛を築いた。また、五家宝の形を長方形にし「松風おこし」と称し販売した。
明治14年石原村村会議員に当選、また郡会議員となり郡村政にも尽くした。明治36年荒川護岸工事を請負い荒川大橋付近の塚を崩した際、冬眠中の蛇のかたまりを発見し二本榎に移したところ、地主から苦情が出たため、丑松所有の土地に埋め、弁天様を祀った。現在の市内見晴町荒川神社で、当時は「水戸屋の弁天様」と呼ばれていました。明治36年荒川神社境内に建てられた築堤記念碑に「工事担任水野丑松、水野市三郎」と記されている。大正3年7月4日62歳で没す。

参考文献

  • 1982『熊谷人物事典』日下部朝一郎