現在の位置:ホーム > 熊谷の偉人の部屋 > 熊谷Person dictionary> 松本平蔵

松本平蔵(まつもとへいぞう)(1849-1923)


松本製粉所第二工場と松本真平

実業家。熊谷で代々米穀商を営む家に生まれる。明治39年当時経営困難にあった熊谷製粉会社を引き受け、規模を拡張し、大正6年松本米穀製粉株式会社にする。昭和5年名古屋製粉と群馬県新田製粉を合併し、日東製粉に発展させる。私財を投じて鉄道開設に尽力し、荒川砂利採取、熊谷商工会、高崎水力電気と各方面に活躍した。大正12年5月17日75歳で没す。

参考文献

  • 1982『熊谷人物事典』日下部朝一郎