現在の位置:ホーム > レファレンスコーナー > 国指定史跡「宮塚古墳」とはどのような古墳ですか?

国指定史跡「宮塚古墳」とはどのような古墳ですか?

 市内の広瀬古墳群に属する宮塚古墳は、下部が方形で上部は円で所謂上円下方墳という特殊な墳形から、国指定史跡に指定されています。一辺の長さは、約20m程です。円の高さは現在の地表から4,36mです。円形の表面には径20cm程の河原石が転がっています。これを茸石であり、他の古墳においても見られますが。盛土を補強する意味もあり叉一つには装飾を兼ねたものであると推察されます。
 宮塚古墳の墳形である上円下方墳は、方墳の一種で全国を通じてその数は少ないものです。天皇や有力豪族の墓に使用される墳形であることから、当時におけるこの地域にて強い権力を有した者の墓であることが想像出来ます。