現在の位置:ホーム常設展示室 > 文化財の部屋 > 文化財
熊谷市指定記念物 史跡
一里塚(いちりづか)
一里塚の写真
現状 昭和40年代の一里塚
所在地 新島257-1
所有者(管理者) 国(熊谷市)
一里塚は、慶長9年(1604)、江戸幕府が江戸日本橋を起点に、東海道・中山道など主要な街道沿いに、旅の道のりの目印とするため、築かれました。街道の両側に1里(約4km)ごとに設けられ、(えのき)やけやきが植えられていました。現在の一里塚は、旧中山道の東側に築かれたものが残されており、江戸時代半ば頃に植栽されたと考えられるけやきがあります。
指定年月日 昭和29年11月3日