現在の位置:ホーム常設展示室 > 文化財の部屋 > 文化財
埼玉県指定記念物 旧跡
吉田市右衛門墓(よしだいちうえもんぼ)
吉田市右衛門墓の写真
所在地 下奈良
所有者(管理者) 個人(集福寺)
江戸時代末期、下奈良村の名主を務めた吉田市右衛門の墓です。宗敏は、天保4年(1833)の大飢饉の時、幕府に金1万両を献上し、土木工事に資金を寄附しました。伊豆地方の大飢饉にも種籾数百俵を送るなど多くの慈善事業に尽力しました。歴代の市右衛門の善行は幕府や忍藩からもしばしば讃えられています。
指定年月日 昭和36年9月1日
熊谷の偉人の部屋 吉田市右衛門についてはこちらをご覧ください。