現在の位置:ホーム > 熊谷の偉人の部屋 > 熊谷Person dictionary> 山下仙之助

山下仙之助(やましたせんのすけ)(1902-1992)


浦高美術室にて

画家。山下仙之助は埼玉県奈良村上奈良(現在の熊谷市上奈良)に生まれた。奈良尋常高等小学校、埼玉師範学校(現在の埼玉大学教育学部)を卒業し、昭和2年以降、大幡村立大幡尋常高等小学校、熊谷町立石原尋常高等小学校の訓導に赴任し地域での教育を担った。昭和5年に文部省中等教員検定に合格し、その間も穏やかな色彩による風景画や人物画を描き続けた。
大正期から昭和期にかけて埼玉県立熊谷中学(現在の埼玉県立熊谷高等学校)の美術教師で、県下初の洋画団体である「坂東洋画会」を率いた大久保喜一らの薫陶を受け、同会に入会。昭和7年には白日会に出品し初入選を果たした。昭和8年には宮城県立気仙沼中学校(現在の宮城県立気仙沼高等学校)の教諭として赴任し、気仙沼周辺の風景を多く手掛けた。昭和14年には栃木県立大田原中学校(現在の栃木県立大田原高等学校)の教諭となり、その頃には繊細な筆致と描写性の高い表現力による画風を確立し、大東会、大朝会などに出品した。太平洋戦争が起こる頃、山野を中心とした風景画や窓ガラスの風合いが特徴的な室内画などを多く残し、混乱の時代の中において静寂の美を追い求めた。
戦争末期から戦後直後の時期、埼玉県立浦和中学校(現在の埼玉県立浦和高等学校)の美術教諭として赴任し、昭和45年までの以後約25年間において多くの美術門下生を育てた。卒業生の中には、小松崎邦雄など戦後日本を代表する洋画家らの姿を見ることができる。
戦後の新たな時代において、坂東洋画会を後継した「朱麦会」の主要会員として数多くの作品を発表した。白日会をはじめ中央画壇においても高い評価を受け、里見明正らとともに県北地域の絵画界の牽引役として精力的な制作を続けた。
その頃の絵画の傾向としては房総や谷川山系、長野の鹿教湯周辺などの風景画の他、多数の静物画、代表作に数えられる熊谷市下奈良の「集福寺」仏殿や鐘楼などを描いた連作などがあり、これらの丹精込めた作品からはフランス印象派のセザンヌなどの影響が感じられる。特に昭和42年に国際美術教育協会が主催した欧州での研修が自身に与えた影響は大きく、フランスおよびイタリアなどでの美術史の中に身を置いた経験が、その後の画風の精緻で洗練された方向性へと進む契機となった。晩年も熊谷市美術展、白日会展、五人展などを中心に作品の発表を続け、平成2年には熊谷の八木橋百貨店で米寿を祝した回顧展が開催された。平成4年3月2日に没した。
気仙沼風景 昭和11年 30号 集福寺の仏殿 昭和52年 60号

年表

和暦 西暦 年齢 出来事
明治35年 1902 11月10日、埼玉県大里郡奈良村上奈良(現熊谷市上奈良)父 山下幸吾、母 れいの長男として生まれる
明治37年 1904 2才 日露戦争起こる
明治42年 1909 7才 奈良村立奈良尋常高等小学校尋常科入学
明治43年 1910 8才 利根川氾濫
明治45年 1912 10才 明治天皇崩御
大正3年 1914 12才 奈良村立奈良尋常高等小学校尋常科卒業
奈良村立奈良尋常高等小学校高等科入学
大正5年 1916 14才 奈良村立奈良尋常高等小学校高等科卒業
大正7年 1918 16才 埼玉師範学校入学(予備科一年)
大正12年 1923 21才 埼玉師範学校卒業(予備科一年) 
幡羅村立幡羅尋常高等小学校訓導
大正13年 1924 22才 妻 い巳と結楯
大正14年 1925 23才 長女 幸子誕生
大正15年 1926 24才 大正天皇崩御
昭和2年 1927 25才 大幡村立大幡尋常高等小学校訓導 
長男 光男誕生
昭和3年 1928 26才 熊谷町立石原尋常高等小学校訓導  
この頃、大久保喜一を師として「坂東洋画会」に入会
昭和5年 1930 28才 文部省中等教員検定合格 
二男 昇誕生
昭和7年 1932 30才 白日会展出品(初入選) 
三男 勝己誕生
昭和8年 1933 31才 宮城県立気仙沼中学校教諭 
仙台市東北美術展出品《気仙沼風景》
昭和14年 1939 37才 栃木県立大田原中学校教輸 
大東会展出品 
大朝会展出品
昭和16年 1941 39才 太平洋戦争起こる
昭和20年 1945 43才 埼玉県立浦和中学校(現・高校)教諭 
太平洋戦争終戦 
弟 周作死去
昭和21年 1946 44才 浦和中学校生徒霞会指導
霞会展出品
昭和21年 1946 44才 父 幸吾死去
昭和30年 1955 53才 白日会展出品《小豆島・本庄風景》
昭和32年 1957 55才 東京高等師範学校夏期講習会絵画履修
昭和34年 1959 57才 白日会展出品《夜の静物》
昭和35年 1960 58才 白日会展出品《礼子の像》
昭和37年 1962 60才 白日会展出品《学園早春》
昭和38年 1963 61才 白日会展出品《夏の集福寺》
昭和39年 1964 62才 白日会展出品《早春の学舎》
昭和40年 1965 63才 白日会展出品《窓際の静物》
昭和42年 1967 65才 訪欧旅行(国際美術教育協会主催) 
白日会展出品《夏の越後湯沢》《新校舎の窓》
昭和43年 1968 66才 白日会展出品《ベニス・領家の雪》
昭和44年 1969 67才 埼玉県浦和高等学校退職(後1年間講師) 
回顧展(熊谷市民ホール)―作品35点―
昭和45年 1970 68才 白日会展出品《早春・ベニス》
昭和46年 1971 69才 白日会展出品《榛名湖畔》《小塚風景》
昭和47年 1972 70才 白日会展出品《布良漁港》
昭和48年 1973 71才 第1回五人展(熊谷画廊)―根岸・鈴木・木島・谷部・山下 
白日会展出品《陸中海岸》《布良早春〔布良漁港〕》
熊谷市美術展出品 
県北展出品《紫陽花》《外房勝浦》
個展 開催(川口市 太陽サバール)―作品27点―
昭和49年 1974 72才 第2回五人展《熊谷画廊》 
白日会展出品《丸テーブルの上の静物》―白日会50年記念展
昭和50年 1975 73才 第3回五人展(熊谷画廊)
熊谷市美術展出品 
白日会展出品《窓際の静物》
昭和51年 1976 74才 第4回五人展(熊谷画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《アトリエの一隅》
昭和52年 1977 75才 第5回五人展(熊谷画廊)―大久保・田村両氏特別出品 
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《集福寺仏殿》
昭和53年 1978 76才 第6回五人展(熊谷画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《集福寺の鐘桜》
昭和54年 1979 77才 第7回五人展(熊谷画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品
昭和55年 1980 78才 第8回五人展(八木橋画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品
第56回白日会展において準会員から会員に推挙される 
読売アカデミー熊谷・絵画教室講師(約3年間)
昭和56年 1981 79才 第9回五人展(八木橋画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《窓辺のアロエ》
母 れい96才で死去
昭和57年 1982 80才 第10回五人展(八木橋画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《シクラメンのある静物》
昭和58年 1983 81才 第11回五人展(八木橋画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《赤い花のある室内》
昭和60年 1985 83才 第12回五人展(八木橋画廊)
白日会展出品《谷川の雪》
昭和61年 1986 84才 第13回五人展(八木橋画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《窓際の静物》
昭和62年 1987 85才 第14会五人展(八木橋画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《静物》
昭和63年 1988 86才 第15回五人展(八木橋画廊)
熊谷市美術展・同会員展出品 
白日会展出品《窓際の静物》
昭和64年
平成元年
1989 87才 昭和天皇崩御 
熊谷市美術展・同会員展出品
平成2年 1990 88才 熊谷市美術展・同会員展出品 
回顧展「山下仙之助展」開催(八木橋百貨店) 
『山下仙之助画集』刊行
平成4年 1992 3月2日没する。享年91。

案内ハガキ_山下仙之助絵画展2019 案内ハガキ_山下仙之助絵画展2019 埼玉新聞 20191216 日常の美を追求
坂東洋画会結成100周年記念
山下仙之助絵画展
−日常の美と印象派の系譜−

日時:2019年12月12日(木)〜12月28日(土)
会場:熊谷市緑化センター1階ホール
(埼玉県熊谷市宮町2-37-1 中央公園内)
※画像をクリックすると拡大表示します。

関連情報