現在の位置:ホーム > 熊谷の偉人の部屋 > 熊谷Person dictionary> 弘中又一

弘中又一(ひろなかまたいち)(1873-1938)


弘中又一解説板(宮町一丁目)

教育者。夏目漱石の『坊ちゃん』主人公のモデルとなった人物。明治28年4月漱石が英語教師として愛媛県松山中学校に赴任した際、一か月遅れで、数学教師として赴任。約1年漱石と一緒となり、弘中の「ボンチ」(松山地方の方言で坊ちゃんの意)からヒントを得て『坊ちゃん』という小説名を付けたといわれる。
その後、明治33年4月より大正8年5月まで熊谷中学校(現熊谷高校)教師を務める。熊谷では、市内の宮町一丁目(現在のさいたま地方裁判所熊谷支部南側)の借家に住んでいた。現在、その家は残されていないが、ブロック塀に解説板が掲げられている。
『熊谷高校八十周年誌』には、「弘中又一」のエピソードとして、「ドジョウを買ったが、入れ物が無いので、かぶっていた山高帽の中に入れて持ち帰った」「荷車を引いて歩くのに山高帽にフロックコートをはおって引いていた」等々が紹介されている。昭和13年8月6日65歳で没す。

年表

和暦 西暦 出来事
明治6年 1873 山口県湯野村(現周南市)に生まれる。
明治23年 1890 同志社大学入学
明治26年 1893 12月山口県柳井小学校高等科英語代用教員となる。
結婚。又一20歳、タカ17歳。
明治27年 1894 同志社大学卒業。
明治28年 1895 愛媛県松山中学校へ単身赴任。月俸20円。
明治29年 1896 4月愛媛県東予分校(現愛媛県立西条高等学校)に転任。
11月東予分校依願免職。徳島県第二中学校教諭となる。
明治33年 1900 埼玉県尋常中学校第二分校(旧制熊谷中学、現埼玉県立熊谷高校)に赴任。月俸45円。
明治39年 1906 夏目漱石『坊ちゃん』をホトトギス4月号に発表。翌年単行本化。
大正8年 1919 熊谷中学校を退職し、京都の同志社中学校へ赴任。
昭和13年 1938 死去。享年66歳。