旧江南町の歴史 扉へもどる
縄文時代 約12000年前〜2300年前
草創期 原谷遺跡で江南地区最古の土器(多縄文系土器:約1万年前)が発見される
早期 市内で初めて竪穴住居跡がつくられ、集落が営まれる(約9000年前:萩山遺跡)
中期 西原遺跡で大規模集落が営まれる(約4500年前)
後期 姥ヶ沢・萩山遺跡等で小規模集落が営まれる(約3,500年前)